カテゴリ:ラグナロク7周年の思い出( 3 )

 先日終了したEXP1.5倍期間ですが、騎士団2ソロ2時間をこなした後は、
GD3で30分狩っただけで終わってしまいました。
 あ、狩る気がなかった訳ではありません、単にこれから本番と思った時に、
寝落ちしただけです・・・

 ネタに何か大きな買い物を・・・とも思ってますが、露店巡りの時に寝落ちする
ので、始末に負えません。

 結局ネタがないので、去年書こうと思っていた7周年の思い出 その3をお送り
したいと思います。

★思い出のギルドメンバー

 上杉潤輝の歴史にも書きましたが、ラグナロクオンラインを初めてプレイしてから
数時間でギルドに入り、それ以来ずっとお世話になっています。
 つまり僕のラグナの歴史は、ギルドWings of Healingと共にあったと言っても
過言ではありません。

 そんな中、多くのメンバーが入って脱退していきました。そんな中で印象に
残ってる人を何人か挙げてみたいと思います。

★プリさんA
 僕がギルドに入って、剣士になるときの試験に過剰精錬のマインゴーシュを貸して
くれた男プリさん。
 当時は簡単と思われた試験にも苦戦し、何度も落ちて戦闘するはめになりました
が、この武器のおかげで、なんとか剣士になりました。
 普通の人に比べ、かなり時間がかかってる筈なのに「僕の見込んだ通り!」と
我が事の用に喜んでくれたのが印象に残っています。

 あともう1つ印象に残ってるのは、マスターとギルチャで論議となり、何も口を
挟めないまま、脱退された事。
 初めて遭遇したギルドメンバーの脱退で、何とも言えない思い出です。

★プリさんB
 ギルドでは主力メンバーの一人だった女プリさん。幾度か話して、知的でラグナを
やり込んでる印象を受けました。
 廃坑に籠って出した「妖精の羽耳」を引き取ってくれて、中型2HSを購入する資金
を手に入れたり、SD5にPTを組んで一緒に遊びに行った事が思い出されます。今に
して思えば、初めてのPTで貴重な体験でした。

 よくプロ南でのんびり話してましたが、拙い僕の話を良く聞いてくれて有り
難かったです。
 そんな人が突然ギルドを抜けられたので、僕も驚きましたが、マスターも驚いて
いました。揉めた訳ではなく、ふらり・・・という感じだと記憶してます。

 その後一度だけ声をかけてくれて、お話ししましたが、確か僕の騎士の成長を
喜んでくれました。

★ハンターさん
 とにかく元気一杯だなぁというのが、第一印象だった女ハンターさん。
 当時は1次職から2次職に転職したときでも、ちょっとしたお祝いを渡すのが
習慣で、僕もこの女ハンターさんに渡したのですが、その時に失礼な事を言って
しまいました。

 とにかく元気という印象だったので、つい(中身が)「男の子だと思った」と
言ってしまったのです。女の子だと怒られてしまい、それ以来中身については
触れるまいと固く誓いました。

 ラグナロクオンライン自体を止めたため、ギルドからサヨナラとなりましたが、
復帰したそうな。

★バード君
 当時高校生で、漫画タッチの主人公にちなんで、僕の事をタッちゃんと呼んで
いたバード君。

 彼とは歳は離れていましたが、それが良かったのか、結構リアル話もしていたと
思います。
 あと嫁さんとの結婚を報告した時には、真っ先に根掘り葉掘り聞かれました。

 実は、唯一出した深淵Cは彼のプリと組んだ時に出したのでした。
e0159225_0291014.jpg


 そんな彼とも、大学生となってラグナで会う機会が減って行き、遂にはギルド
メンバーから抹消。今は社会人だと思いますが、どうしてるのだろう?

★騎士子さん
 ここのギルドにたまにはAgi両手騎士を志す人が入ってくるのですが、そんな時
は決まって、いろいろ話したりして援助するようにしてます。
 ところが大抵あまり時間を置かずギルドを離れるので、Agi両手騎士はほとんど
僕一人という状態でした。

 そんな中、比較的長くいた騎士子さんがいまして、狩場の事、装備の事など
いろいろ話したり、時には装備を安く譲る事もありました。

 しかし、いつの間にか姿を消していました。正直ここに書けない色々な事が
あった様です。単に騎士子さんだったからでなく、いい人だと思っていただけに
とても残念。


 記憶違いもあるかも知れませんが、ここまで過去ギルドに在籍した人を挙げて
見ました。
 それなりの時間が経ってるので、ギルドを離れた人の方が多いのですが、それ
でも一人一人挙げると、寂しい物です。

 しかし、未だにギルドに在籍する長い付き合いの人もいます。次はそちらの
ご紹介。

抜けていたらごめん
[PR]
 また少し空いてしまいました。最近時間の使い方がまずくて、ラグナをプレイ
する時間に事欠く有様です。ということで、新たに書くネタも熟成してないので、
また思い出話にお付き合い下さい。
(後半、文章が酷かったので、手直ししました。)

 さてその2ですが、ノートパソコンに向かった時に急に思い浮かんだのが、
このテーマでした。

★思い出の狩場
 騎士時代からAgi両手ですので、足を運んだ狩場はそれなりに多いです。
 そんな数々の狩場のうち、思い浮かぶ狩場に着いて書いてみようかと思います。

★ミョルニール廃坑B3F
e0159225_0415090.jpg

 騎士に転職してからすぐ狩り始めました。2Fが迷路で大変だったのが印象深い
です。
 通い始めていきなりスケルワーカーカードとガイアスから妖精の耳が出て、
スケワカ差のツーハンドソードをいきなり手に入れる事が出来ました。

 それに気を良くして、ずっと狩り続けましたが、結局この後M級レアは一切
出ませんでした・・・それでもエルニウム原石をはじめとして、各種鉱石を
拾えたので、金銭的には良かったのですが。

 結局レベル80台まで通い続けたのですが、だんだん飽きてくるので、ペットを
連れて行ったり、労働者階級と闘うと一人盛り上がってみたりと色々やっていた
のは、いい思い出です。

 それと単に殴るだけでなく、まとめてBBを打つ練習も出来たので、M級レアには
見放されても、通って良かったと思ってます。


★ピラミッドダンジョンB2F
e0159225_159613.jpg

 こういうと何処だと思うのですが、ピラ地下2で牛追いと言えば、昔Agi両手
騎士をやってた人はピンと来ると思います。

 ここのメインのミノタウロスは、95%Fleeが179と達成し易く、比較的安価な
水属性クレイモアがあれば狩りになるので、駆け出しのAgi騎士でも狩り易いMob
でした。
 その上、それなりのEXPとカードの一発があるバランスのいい狩場なので、当時の
Agi両手騎士なら通わない人はいないほど。もっともAgi両手騎士に限らずAgi系他職、
あるいはVit系も来てる人気狩場でしたね。

 ここでの狩りは、ミノタウロスがハンマーフォールでスタンさせてくるので、Vit
の低いAgi両手騎士は対策が必要でした。
 と言っても、今みたいに対スタン装備、カードは充実してないので、B2HS
紹介されていた小技で対応するのですが、初めから出来る訳ではなく、練習の日々
でした。
 今にして思えば、この練習は意味があったなぁと思います。ソロはソロなりに
立ち位置に気をつけるようになったのは、この狩場での狩りからだったですし。


★時計地上4階
 騎士時代、エルニウムを取ってくる事が出来る現実的な狩場として通ってました。
何故かSSは一枚も撮ってないのですが。

 メインのMobはエルニウムを落とすクロックで、後はBoss属性でプロボックを
使えず、ひたすら殴るしかないオウルデュークが主な相手でした。
 当時の狩場は他の狩場とちがい、場所によって生息するMobがはっきり分かれて
いて、クロックはMap下部に多くいました。そのため自然とMap下部で狩る事に
なります。
 その所為か、倒したMobが即湧きする事が非常に多かったです。クロックなら
美味しいのですが、オウルデュークだと延々殴り続けることになり、泣きそうに
なったのも、今となればいい思い出です。

 あと、ここのMapの構造も面白い構造で、高い所があると思えば、地下らしき所に
潜る所もありで飽きません。高台の1つにエクスキューショナーが2時間ごとに
湧くので、カードの夢を見て挑戦するのも密かな楽しみでした。
 逆にエルダーには苦しめられたので、不死鎧を導入するきっかけになったり。

 技術的には、クロックの地属性、オウルデュークのライトニングボルト、先に
出て来たエルダーのストーンカーズ、フロストダイバーに対応する為に、火、風、
不死の各鎧への持替、クロックに火クレ、オウルデュークに対大型と武器も持替と
持ち替える場面が多くて、いい練習だったと思います。

 現在は配置変更のため、LKでもソロは無理になってしまい、通う事がなくなり
ましたが、思い出深い狩場ですね。

あと2つ狩場を紹介
[PR]

 更新が空いてしまい申し訳ありません。ちょっと狩りの方もご無沙汰でネタに
事欠く有様でした。

 そこで今回は公式ブログで応援!キャンペーンの対象記事として、思い出を振り
返りたいと思います。

 僕がラグナロクオンラインで遊んでるのは、7年のうち4年と10ヶ月ですが、
それでもいろいろな事があったのは、上杉潤輝の歴史全十話を見てもらえれば分かると思います。

 そんな中で特に思い出に残るいろいろを挙げてみるのも一興でしょう。
 それでは、その1をお送りします。


★思い出の両手武器
 手に入れてから僅か4ヶ月・・・思い出と言うには早いかも知れませんが、やはり
この剣しか思い浮かびません。
e0159225_23271683.jpg

 上杉潤輝御手選十腰一腰目 +4ダブルタイタンバイオレットフィアー

 武具雑感でさんざん記事にして来ましたが、思い出は詳しく書いてなかったと
思います。

 やっと露店に登場し出した頃に、武具雑感第20話で詳しく紹介して、理屈抜きに
とにかく欲しいと思ってました。
 しかし即金で買うお金はなく、値段を観察し続けてお金を稼ぐしか出来ません
でした。されど天は我を見放さず、じわじわと値段が下がり、何とか買える金額に
なりました。

 紹介してから2ヶ月以上経ち、すでにVフィアーに恋い焦がれる状態だった僕は、
滅多に出さないチャットを出したりして、必死に手に入れようとし、やっとの事で
手に入れる事に成功したのです。

 カードを差して精錬した後の総資産は1Mを切り、騎士商売的には最悪に近い選択
だったと思います。
 しかしお金がなくてもロマンあるさ!と言い切れるくらいVフィアー
に入れ込んでいて、何ら後悔してませんでした。
 それどころか、これがあれば騎士団ソロはバラ色だと信じて疑う事も無かったの
です。

しかし・・・
[PR]
←menuへ