カテゴリ:騎士団の話( 17 )

 遂に3次職が実装されました。一体どう変わったのか、色々気になる所ですが、実はまだ
実装された当日に1度ログインしたきりだったりします。

 ですので、この時は細かい検証とかは抜きとして、ライフワークの騎士団ソロが出来るのかを
試すべく、騎士団2に直行しました。

 その時に感じた事などを、箇条書きにして紹介してみたいと思います。一応騎士団の狩りでの
話なので、久しぶりの騎士団の話でいいかと。

★ステータス
e0159225_0414415.jpg
 まあ、大分変わる事はサクライJで分かって
ましたが、本当に変わってます。

 まず、ATKとDEFが変わっちゃってますが、
これの読み方がさっぱりです。素手とか装備
の持ち替えである程度の事が分かるでしょう
から、読み方を調べるよりも、実体験で調べ
ようかと思います。

 あと、FLEEとHITは純粋に前よりも向上
したと喜んで良さそうです。騎士団のMOBの
95%回避FLEEと100%命中HITがどう
なってるかですが、今までよりも楽に闘え
そうです。

 最後に一番の強化がASPDで、今まで186
台だったのが、189台と大幅強化に。

 Agi系は全般的に強化されてるという話です
が、ステータスからも読み取れます。

 取りあえず、ステータスを確認してから、騎士団2ソロを始めますが、ASPDが強化されてる
のは大きく、オートスペルもドンドン出ます。それで変化にもすぐ気付きました。

★オートスペル
e0159225_0582333.jpg
 オートスペルのダメージは今までは、せいぜい二桁
出てたら良い方だったのですが、なんか200台とか、
それなりのダメージが出てます。
 よく指摘される、最大最小ダメージのブレですが、
それを補正してしまうほど、計算出来るダメージに
なってますね。

 あと凍結、スタンがかかり易くなってると感じました。
より防御弾幕として頼れると思います。

 ただショートカットに似つかわしくない可愛い肉球が
出てるのですが、これはオートスペルのディレイ中で
スキルが使えない事を示してます。ASPDが向上したので、
パッシブでのオートスペルは出まくりますが、スキルが
使えない弱点があるのを忘れてはいけません。



 とりあえず歩いてみて、モンハウにも遭遇しましたが、どうやらMOBの95%回避FLEEと
100%命中HITは前のままらしく、以前なら死活問題となっていたレイドアチャ複数による
狙撃で一気にHPが減るのが、相当緩やかなHPの減少となり余裕を持って対処出来ました。
 あとMOBの攻撃力が減少してるとの話も聞いてますが、今までの装備が紙装甲なのか大して
変わってないように感じました。それよりもFLEEの向上でレイドアチャに対して95%回避を
達成してる方が大きいと思います。

 攻撃の方はダメージがばらけたり、オーラブレードが単純に攻撃力+100になったり、
コンセ5の攻撃力上昇が乗算から加算となって、攻撃面では+25しか貢献しなくなったと
弱体化が予想されましたが、ASPDが186から一気に3向上した手数で十分補ってる様に
感じました。
 対深淵戦でのBB連打も確かに今までよりも数を打ってる気もしましたが、モーションが
早く、対戦時間はそれほど変わらない気がしました。

 あとは1つ試した事があるので、そちらの事も。

思ったよりも強力
[PR]
by kisisyoubai | 2010-07-11 03:03 | 騎士団の話
 現在、とにかく騎士団ソロしかしてないのでネタに困りましたが、
12狩り方を変える13ナムしない為の幾つかの方法の取り組み結果について
書いてみようかと思います。


 まず「狩り方を変える」では、真っ赤なマーチングハットを装備し直す事により、
アスペのクールタイムをリセットして、連続発動が可能にしようという試みでした。

 これ自体は成功で、発動率が目に見えて変わります。
 ただ持ち替える頭装備、+4ダークネスヘルム+悪魔の羽耳にThe Signを足して、
Str100相当にして攻撃力アップというのが今一で、The Signをククレコンチに
入れ替えて手数を稼ぐことに。
 これに伴い、+4ダークネスヘルムと組み合わせる頭中段装備も天使の羽耳にし、
更に手数を稼ぐ事も考えられましたが、物理攻撃+5%自体の効果は計算結果に
影響を及ぼすので、現状維持となりました。

 持ち替えで更に効果の大きいと思われる、ライトワード帽があればいいかも知れ
ないですが、持ってませんし、見た目の面で導入する気もありません。


 続いてナムしない為の幾つかの方法ですが、3つのポイントをそれぞれ振り返り
ます。

1.+7イービルメテオプレートを使う
e0159225_1325272.jpg

 ご覧の通りですが、+4闇ヴァルキリーアーマーと比べると4+2.1だけ
実DEFが向上します。それを体感するときはあまり無いのですが、心持ちHPの
減りが軽減された気も?

 それよりも、ククレコンチをQPRに持ち替えてセットを復活させる方が、
より効果的でした。
 基本的に殲滅力優先でククレコンチですが、対深淵戦で持ち替えるように
するだけで、かなり楽になります。Wウアーも強力ですし。

あと2つの工夫は・・・
[PR]
by kisisyoubai | 2010-02-14 03:21 | 騎士団の話
 久しぶりの騎士団の話の更新となりましたが、あまりいい話題ではありません。
 実は最近の騎士団ソロは、無事に終わらずにナムする事が多くなってるのです。

 そこで、今回は考察というほどの物ではありませんが、ナムを防ぐ為の対策を
思いつくままに書いてみようと思います。


1.DEFを上げる
e0159225_1423366.jpg

 武器と中段装備(DEFは同じ)こそ違いますが、現在の防具です。
 昔に比べると、どの防具にも様々な特殊能力があり、非常に強力な装備で、
今でもそれなりのお値段の物ばかりです。

 それが災いして、コスト面で過剰精錬を断念した防具が多数を占めるように
なって来ました。
 計算すると、実DEFは32となります。昔なら40位はあったのですが・・・

 ここからDEFを上げようとすると、コストを度外視して過剰することになります
が、+4までしか効果を発揮しないローレベル系カードを差した防具が多く、これら
の過剰は無理となります。
 結果、過剰の候補として残るのは、鎧と肩にかける物だけとなりました。

 鎧の方は、+7イービルメテオプレートが転用出来ます。幸い赤マチもダークネス
ヘルムもStr補正があって、V鎧を外してもStr90の調整が出来ます。ただ鎧破壊耐性
がなくなるのは、少々残念ですが。

 肩にかける物の場合は、対深淵戦で持ち替えるレイド差防具の強化を考えることに
なります。
 現在は特殊能力を買って+7イミューンウルフヘジンを使ってますが、これを明確
に上回る装備は、ディアボロスマントくらいでしょうか。資金が足りませんが。
 他の装備ではDEF+2でポールドロンも考えられますが、+7が出回る事が少なく
なってるので、これも微妙です。

 ここまで書いてもう1つ、出来ることがあるのを思い出しました。

 殲滅力増強に使ってるククレコンチをクィールペンリングにして、Wスノウアー
を復活させる事です。QPRセットも復活するので、主に防御面で様々な効果を期待
出来ます。


2.狩り方を見直す
 最近ナムしてる原因を分析すると、レイド、カリツ等のMHの処理を失敗したり、
回復剤のアイスを切らしたまま対深淵戦に突入するなど、救い様のない失敗を除けば
後の原因は、全て対深淵戦になります。

 という事で対深淵戦での狩り方を見直すと・・・

1.HPを11000以上に回復する
2.+7イミューンウルフヘジンに持ち替える
3.コンセ5、パリィ10を唱える
4.BBがガーターしない場所に誘導、深淵以外のMOBもまとめる
5.BB連打

 これを常時こなせれば、まず問題なく深淵は狩れます。しかし、これらのプロセス
(特に1と2)が省かれた時に事故が多いと思われます。
 勿論、これらを常に完璧にこなせれば、問題ないのですが、中々難しいときも
あります。そういう時の保険として何か出来ないか・・・

 その答えとしてひねり出したのが、コンセントレイションのレベル見直しでした。
とにかく計算ということで、お馴染みのROratorioへ。

 調べたのは、Vフィアーの防御無視とアスペの両方が有効な時、防御無視のみ、
アスペのみ、三パターンです。
 コンセは取りあえず1さえあれば、深淵に必中なので1〜5で調べてみます。

防御無視+アスペ
 この場合はほとんどレベルの差がありません、コンセ1の時のみ平均攻撃回数
3→4に増えます。

防御無視のみ
 コンセ5と4は変わりませんが、3以下だと最大攻撃回数が7→8
増えます。

アスペのみ
 同じくコンセ5と4は変わりませんが、3以下だと最小、最大、平均攻撃回数が
1回ずつ増え、それぞれ5→66→78→9になります。

 これらの結果からコンセ4と3の間に境界線があることになります。今までの
攻撃力を維持しつつ、リスクを減らすならコンセ4、とにかくリスクを減らす
なら、思い切ってコンセ2まで下げてしまう事が考えられます。

 それぞれの効果を見てみると以下の通り。

コンセ5
Hit+50 攻撃力増加+25% DEF減少ー25% 持続時間45秒 消費SP30
コンセ4
Hit+40 攻撃力増加+20% DEF減少ー20% 持続時間40秒 消費SP26
コンセ2
Hit+20 攻撃力増加+10% DEF減少ー10% 持続時間30秒 消費SP18

 とりあえず、コンセ5を無理して使う必要は無いと分かりましたが、コンセ4と2
どちらがいいかは難しいところ。交戦時間が増えるのもリスクが高いですから。

もう1つ思い浮かびましたが・・・
[PR]
by kisisyoubai | 2010-01-30 16:01 | 騎士団の話
 最近、狩りについての更新がなかったのですが、ある可能性を探る実験的な狩りを
してました。
 その実験に手応えを得たので、久しぶりに騎士団の話をお送りしたいと思います。


 騎士団の狩りはバイオレットフィアーとWスノウアーの導入により騎士団狩り
最終レポート
という形で、ほぼ完成されたと思っていました。
 しかしこちらで紹介した真っ赤なマーチングハットの性能が凄過ぎ、再検証が必要となりました。
e0159225_22182068.jpg

 この装備で狩れば、Agi両手LKでも難易度はかなり下がる反面、EXPは1.5M〜
2M位出るんじゃないか?と思われます。
 実際赤マチを装備した騎士orLKソロを結構見かけるようになったので、経験値は
ともかく、金銭効率はおいしいと認識されてるのでしょう。

 でも今までそれなりの技量が必要だった筈の狩りが、赤マチの有無だけで決まってしまうのは、騎士団ソロを続けて来た事を否定される感じで悲しい物があります。
 そこで自己満足に終わるかも知れませんが、狩り方を変えてみる事にしました。
アイテムの性能のみに頼るのではなく、更にアイテムを組み合わせて更に効率を
上げられないか?と考えたのです。

 ヒントは、Web拍手で頂いた「クールタイム=アスペが発動しない時間を、
マーチングハットを装備し直すことでリセットしてしまい、連続発動が可能
になる・・・」
というネタでした。
 使っていると、確かに1度発動すれば、しばらくは発動しません。そして1度
赤マチの装備を解除すれば、すぐ発動する時があるので、クールタイムはリセット
されてると考えられます。

 ただAgi両手LKの場合は、ある程度のASPDを持っているので、クールタイム後の
時間内でも、ほぼアスペの再発動を見込めるので、わざわざ装備し直す必要性は
薄いと感じました。
 持ち替えると一瞬頭装備がない状態になるので、頭装備のSPがチャラになり
減ってしまうので、ディメリットの方が多いと感じたのです。

 これでネタの話は終わる筈でしたが、逆の事をふと思いつきました。
 どうせ発動しないなら、クールタイム時間だけ別の装備を付けてもいいのでは?

 しかし持ち替えには、頭装備SPがリセットされてしまうディメリットが存在する
ので、それを上回るメリットが必要です。候補の装備は見つけていました。
e0159225_2353125.jpg

 カードはヴァンベルクCを差そうと思ってましたが見つからず、安めだった
ブルーオシドスCを差す事に。考えていた予算の4倍になってしまいましたが、
こちらの方が汎用性が高く、結果オーライでした。

 問題はどの組み合わせを選ぶかですが、悪魔の羽耳との組み合わせの「Str+2、
物理攻撃で与えるダメージ+5%」
しか考えられませんでした。
 ただこれだけでは、インパクトが薄いので装備にもう一工夫します。
e0159225_095756.jpg

 ウアーC差QPRセットは確かに強力なのですが、殲滅力は皆無です。そこで
崩してThe Signを装備することにしました。
 もう1つの理由は、頼りすぎて狩りが荒くなっているという反省があります。
それでも完全に止める事も出来ないので、ウアー差SBPは残しますが。

 ダークネスヘルムの効果とThe Signと合わせればStr100相当の攻撃力を得る
事になります。その効果のほどを見てみましょう。

カリツを実験台に・・・
[PR]
by kisisyoubai | 2009-11-29 01:34 | 騎士団の話
 
 (10/7一部訂正)

 今回は騎士団の話として、あまり触れてこなかったFleeの話を書いてみたいと
思います。
 今月はあまり狩りをしてない=ネタがないという事もありますが、発光目前で
今までの軌跡を振り返る企画と、前向きに捉えてもらえると有り難いです。

 まずおさらいで、Fleeの計算は・・・
 BaseLv+Agi+Flee装備上昇分
 となります。

e0159225_21503128.jpg


 上記装備の場合だと・・・

 98(BaseLv)+99(Agi)+8(Agi Jobボーナス)+9(Agi装備上昇分)
+30(Flee装備上昇分)=244(Flee)となります。

 僕の場合はレベルとAgiカンストとJobボーナスカンストでFlee205は最低限保証
されてるので、あとはどの程度装備で補うかで、最終的なFleeが決定する訳です。
 そしてどのくらいのFleeにするかは勝手には決められず、候補となる狩り場にいる
MOBの95%回避必要Fleeとの兼ね合いになります。

 ここで【RO2】のデータを拝借して、独断と偏見でチョイスした、代表的なMOBの
Fleeを狩り場別に見てみましょう。
 なお(   )内の数字は3体に囲まれた時の95%回避必要Fleeです。

★SD4
 ミノタウロス 179(199) パサナ 195(217)
 アヌビス   227(253)

 アヌビスが来るまでは、バランス気味AGI両手や完成途上のAgiカンスト両手LKでも
十分狩れてましたが、アヌビスが来てからは、Flee227前後が欲しくなり、敷居が
上がりました。

★フレイヤ大神殿聖域02
 ヴァンベルク 185(206) アイシラ 194(216)

 他にシーカー、ビボルダーやホドムレリン、グレムリンもいますが、数が少な
かったり、ノンアクティブだったりで、影響が少なく、実質上の2種を相手にする
狩り場です。
 厄介なスキルがあるので、95%回避必要Fleeを達成したら、すぐ狩れる訳でも
ないですが、現実にFleeの敷居が低いのは有り難く、さらに共にM級カード持ち
なので、LK時代中盤〜終盤でのお金稼ぎには向いています。
 僕にはどうも合わなかったのですが・・・

★ノーグロード1層
 エクスプロージョン、ブレイザー 187(208)
 グリズリー 213(237) カホ 215(239)
 ラーヴァゴーレム 228(254)

 すでに何度か紹介してますが、Fleeの面からいうと、ラーヴァゴーレムは元々
お供付きで、95%回避は難しいため、BB連打などで即殺が基本です。
 ですから、その次のFlee、カホの215をクリアすれば籠る事も不可能では
ありません。BBを十分打てるだけのSPの確保などの別の問題はありますが・・・

★アビスレイク地下洞窟02
 ペロス(赤) 226(252) オシドス(青)239(266)
 オシドス(金)258(287) エイシェントミミック285(317)

 かなりFleeの敷居が高く、ソロはちょっと無理と思えますが、メインのオシドス
(青)の95%回避を達成していれば、攻撃力、防御力共に高い対竜装備も
ありますし、1対1で戦うことを前提にすれば、何とか狩れます。
 オシドス(金)には、攻撃力アップの為の闇水と95%達成してない場合の
防御手段パリィを張っていけば、数は多くないので狩れますね。
 むしろここで怖いのが、少数ながら避けられないエイシェントミミックだったり
します。とにかくバッシュ連打でスタンさせて瞬殺しないと、対竜装備も利かない
ため、かなりHPを削られます。


 いくつかの狩り場をFleeを中心に見てみました。Agi両手騎士に取ってFleeが全て
ではありませんが、重要な要素であることを確認してもらえればと思います。

騎士団2の場合
[PR]
by kisisyoubai | 2009-10-06 03:00 | 騎士団の話

 今回はいつも通ってるのに、久しぶりになってしまった騎士団の話をお送り
します。

 配置変更後、レイドリックが55体即湧きから100体即沸きとなりましたが、
これは大変なのと同時に、エルニウム増産にも繋がるので、やりがいもあると
思います。
 しかし騎士団2ソロ最大の難敵『深淵の騎士』が5体即湧き/1体
1時間沸きから、9体即湧き/1体1時間沸きになり、対戦機会がほぼ倍に増える
事となりました。

 今までの装備であれば、苦戦は必至だったのですが、幸いにも+4対大型バイオ
レットフィアーとWウアー差しクイールペンリングセットを導入出来たため、対抗
する事が可能です。

 その証拠という訳ではありませんが、対深淵戦6連発の動画を用意しましたので、
ご覧頂きたいと思います。


 その前にいくつか対深淵戦の注意書きを。

★レイド差しへの持ち替え必須
 バイオレットフィアーの防御無視のおかげで、プロボを入れる事がほぼ無くなり、
危険度は確かに減りました。
 ただ防御無視はBBに巻き込むMOBが多いほど、発動率が高くなりますので、
どうしてもMHに突っ込んだり、故意に作ったりする事になります。

 したがって、レイド差しへの持ち替えは、今まで以上に必要な行動です。
 それでも一瞬にして、HPが真っ赤になりますし・・・

★SPの使い方
 深淵戦が連続する事も多く、防御無視で多少は節約出来ても、SPは足らないことが
多くなります。
 本来はフルブーストしたい所ですが、SPが足らない場合、優先するスキルを
先に使いSP不足を補う工夫が必要です。以下、私的な優先順位を。

1.コンセントレーション
 BB空振りだけは、なんとしても避けなければならないので、必中するレベルの
コンセは必須です。

2.ツーハンドクイッケン
 切れてしまうと、Aspdが明らかに足りません。BBを連打するにせよ、防御無視を
生かして通常攻撃するにせよ必要です。
 ただし、BB連打中に切れた場合は、掛け直すか、そのまま押し切るかは状況次第。

3.ボーリングバッシュ
 優先順位が3番手というのは、おかしいという人もいるかも知れませんが、
Wウアーという強力な回復手段がある場合、BBを途中で止めて、通常攻撃に切り
替える手もあります。

4.パリイング
 HPが満タンで深淵+カリツ2体の場合は、省略出来るのでこの順位に。
 あとMHの数が多過ぎて、パリイングを使うとBBを出す事も難しいと思われる
場合も使わない手は考えられます。

5.オーラブレード
 通常攻撃の時はあった方がいいのですが、BBの様なスキル攻撃時には、効果が薄く
なります。
 BB連打中に切れてしまっても、掛け直さずにBBを打ち続ける方がいいでしょう。

★アイスを叩くタイミング
 Wウアーを持っていれば、アイスは無限に供給される白ポーションであり、非常に
強力な回復剤です。
 なぜかドロップのない深淵付きのカリツもアイスを落としますし。

 ただ1つ白ポと違うのは、凍る可能性があるということ。1回叩かれれば解除され
ますが、対深淵戦では致命傷になりかねません。

 したがって深淵と対戦する前に、HP10000以上になるよう事前に使うのがいい
でしょう。
 勿論HPが減れば連打することになりますが、連打開始は余裕を持って、HP5000を
切らないうちが良いようです。BDSが直撃したら事故と思って諦めますが、それ以外
なら凍ってしまっても、立て直しは利きます。

 とにかく補給が利くので、ケチらずに使いましょう。


 前置きが長くなりましたが、そろそろ動画の方へ行ってみましょう。

動画はこちらに
[PR]
by kisisyoubai | 2009-09-09 00:22 | 騎士団の話
 先日の配置変更でレイド他が増量され、さらにアイテムドロップ1.5倍が来てる
関係で大混雑してるのは、周知のところです。

 そこで、騎士団で見られるソロ、PTがどんな感じかレポートを書いてみようと思い
立ちました。ソロで狩りをしてる時も、他の人の狩り方によって、臨機応変の対応を
迫られますので、参考になればと思います。
 なお、生まれてこのかた騎士のことしか知らない騎士馬鹿ですので、他職の話で
間違いがあるかも知れません。間違いを見つけたときは、御指摘お願いします。

ソロ
 ソロ自体の数は少ないのですが、いろいろな職を見かけます。
 それぞれの職ごとに思うことを書いてみます。

★アサシン系、ローグ系
 スティールがあり、エルニウムの産出が多そうで羨ましい限り。
 範囲攻撃が使いにくいようで、基本的に1対1での戦闘になるようです。こちらの
進行方向にMHがあって、これらのキャラが戦闘中の時は、進路変更するようにして
います。

★プリースト系
 主にターンアンデットで、カリツをメインに狩りをするイメージですが、ハイプリ
さんともなると、魂付きホーリーライトで、レイド等も狩れるようです。
 ソロの人は割と辻支援をくれる人が多く、ありがたい限り。
 こちらとしては、自然にレイドのターゲットを取れる動きを心がけています。

 ただ残念なのは、最近殴りプリさんを見かけなくなったこと。

★モンク系
 こちらも1対1で戦うのが基本と思われます。スキルは三段掌が発動してるのを
よく見かけますね。
 悪魔、不死系に対して強いので、不死にカリツ、悪魔にレイドアチャがいて、
得意の狩り場なのでしょう。ただ肝心のレイド、深淵が人間なので敬遠されるのか、
遭遇はまれです。

★ウィザード系、セージ系
 ウィズさんは、ファイヤーウォールをまず使って、ボルト系、場合によっては
ストームガストでトドメを差す狩り方をしてるようです。
 最近MOBが増えたことで、遭遇する機会が増えました。狩る時に面積が必要
なので、見かけたら距離を取って邪魔にならないようにしています。

 セージ系は、魂付き教授さんを見る程度ですが、オートスペルボルトでレイド
を倒す様子はカッコいいなぁと思います。
 1対1で戦うのが基本とは言え、他の前衛職と引けを取らない攻撃力があると
感じてるので、ウィズさんに対するほど気を使ってなかったり・・・

★スーパーノービス 他
 各種回避系スキルを習得して戦う、短剣タイプのスパノビさんをたまに見かけ
ます。それだけで和んでしまいますが、囲まれたら大変そうなので、ちょっとハラ
ハラしたり。どの人に対しても、迷惑をかけるのは論外ですが、特に気を使います。

 あとブラックスミス系も見かけますが、ソロ狩りに遭遇するのはまれですね。

 昔話ですが、配置変更前には、殴りアコさんを見かけることがありました。
ジョーカーがいた頃を知っているだけに、アコさんでも狩れるヌルい狩り場に
なったのかと、嘆息した物です。


 最後になりましたが、我が同職のソードマン系の話。

★クルセイダー系
 たまにスピアクイッケンを使うAgi系の人や片手剣使いの人を見かけますが、
主にグランドクロスを使うクルゼさんが狩りに来てます。
 お金稼ぎに最適な狩り場な上に、経験値もこちらの倍くらい出るという噂を
聞いて羨ましい限り。

 こちらとしては、前にクルゼさんがいる場合には、進路変更しないと、
MOBにありつけなくなってしまうことも。

★ナイト系
 一応、僕以外にもソロをしてるAgi両手がいるのは嬉しい限り。しかし同じ
Agi両手には負けたくないと、つい同じルートで張り合うこともあったり、
無かったり。

 ちなみに僕の場合、ブレス、アスペ等の課金アイテムは一切使用して
いません。
 他の人が使うことには何も言えませんが、自分は使ったら負けと思って
います。そういう支援が欲しいときは、PTを募集すべきだと考えます。

 あとは配置変更で、バーサーク狩りが復活してるようです。Agi系には
恩恵が薄いスキルなので使ってませんが、どんな物でしょうか?
 事故が起こり易い狩り場なので、個人的には使いたくないのですが。


 以上、ソロについて、思ったより長く書いてしまいました。
 次はPTについて、簡潔に書きたいと思います。

PTと言ってもいろいろ
[PR]
by kisisyoubai | 2009-07-27 00:35 | 騎士団の話

 今週のラグナは久しぶりの大型アップデート「アッシュ・バキューム」で
盛り上がってるようですが、騎士商売的に見逃せない変化がありましたので、
急遽「騎士団の話」をお送りいたします。

 その前にWeb拍手のお返事から

>S=A両手騎士です。武器雑感ありがとうございます。死の引導者=ストームブリンガー
>とは、なるほど。元ネタは何かと思っていたので納得です。

 能力的には、ストームブリンガーしかないと思ってました。
 しかし、紹介文挿絵が双剣という情報も入ってきて、なんか怪しい事に。

>ASなど問題が大きいですが、一振り欲しくなるロマンがありますね。

 ロマンで欲しい両手剣は「正宗」以来ですね。
 バイオレットフィアーに投資して、いい結果が得られるか分からないですが、
どんな結果でも悔いはないと思ってます。

>私は大型汎用にドラスレを考慮中です。過剰できない問題はありますが、
>ロマンということで。

 価格的には高めになりますが、過剰S2ドラスレを見た事ありますね。
 過剰なら、ロマンでなく実用的に大型汎用で使えるので、いいかも。
勿論ロマンも大事ですけどね!

 このアップデートと同時にいくつかの狩り場の見直しが行われる事が告知されて
おり、騎士団もその候補では無いかと言われてました。
 そして実際に騎士団1、2とも変更が来ているとの噂が流れましたので、異世界
を無視して、早速騎士団へ向かいました。

 まずは様子見ですので、防御重視でおなじみの

e0159225_2210491.jpg


 こちらの装備で騎士団2ソロに乗り込みました。騎士団1も興味ありますが、
まずはメイン狩り場の調査が先です。

 一応予備知識は仕入れてましたので、レイドリックが増えた事、アリスが1人から
複数になった噂は知っていました。
 しかし、あくまで噂、しっかり自分の目で見なきゃ分かんない!!

目にしたのは・・・
[PR]
by kisisyoubai | 2009-07-18 00:04 | 騎士団の話
 7/7 一部修正

 少し間があきましたが、騎士団ソロ入門の最終回「対深淵、血騎士編」をお送り
したいと思います。
 騎士団ソロでの最終目標は、ソロでの深淵の騎士、血騎士の撃破とレアゲット
です。
 レア運はどうしようもありませんが、対深淵、血騎士はソロでの撃破は可能です
ので、興味ある方はお付き合いください。


 まず、過去の騎士団ソロ入門(装備編)(立ち回り編)を参考にしてもらった上
で、注意する事は以下の通り。

★レイドC差防具を必ず装備する/パリィを使う
 普段からつけっぱなしに出来れば一番楽ですが、Fleeの関係でFlee装備との持ち
替えることになると思います。
 その際深淵、血騎士の95%回避Fleeを満たす事は不可能ですので、必ず
レイドC差防具に持ち替えて下さい。
 持ち替えなかった場合、BDS直撃+通常攻撃で即死の可能性が高くなります。

 そんな時にも最後の盾となるのが、パリィです。BDSも防ぐ時があり、盾を持て
ない両手剣使いには、命綱になります。対深淵、対血騎士戦では、必ず使い
ましょう。

★BBをガーターしない
 対深淵戦は、BB連打で一刻も早く倒すことが求められます。とにかく正確にBBを
打てないと話になりません。一応こちらで紹介してますが、ガーターについては、
いい文献がいろいろありますので、一度検索するのをお勧めします。

★ACをマスターする
 対血騎士では、対深淵戦と同じようにBB連打すると、倒す間にもらうダメージが
半端ではないため、倒す前に倒される可能性が高いです。そこで時間は掛かっても、
AC(オートカウンター)で倒す事が一番安全です。

 ちなみにACの仕様は、スキルの有効時間中にキャラの向き180度からの攻撃を
1回無効にして、クリティカルダメージを与えるというもの。攻撃を無効にするのが
このスキルの売りで、MOBの攻撃にきっちり合わせてACを使えば、まともに戦えば
大ダメージを受けるMOBに対しても、少ないダメージで倒す事が可能になります。
ただし、スキルや魔法に対して無力なのが残念な所です。

 このスキルを使いこなすには、自分の方向を把握する事が大事です。僕の場合は、
shift+クリックでMOBのいる方向を押さえて正面を向いています。
 あとはタイミングですが、これは自分でコツを掴むしかありません。いきなり
血騎士相手に練習出来ませんので、まず弱いMOB相手に練習しましょう。
 次には同じ騎士団2にいる、魔剣ミステルテイン相手に練習するのをお勧め
します。即死するスキルはなく、騎士でも戦えますし、失敗しても立て直すのが
容易です。
 魔剣相手に確実にACを使えるようになってから、血騎士に挑戦するといい
でしょう。

★スキルの使用
 対深淵戦では、プロボ、コンセのスキルを使いますが、レベルが高くなれば効果は
上がるものの、自分に対するダメージも増大します。そのため各自のステに合わせ
調整する必要があります。これは ROratorio で計算すれば、答えは得られるはず
です。

 だいたい以上の事を注意してもらえば、あとは経験を積む=ナムする・・・ことで
段々狩れるようになると思います。
 ただ、これだけでは不親切なので、動画を用意してみました。参考になれば幸い
です。ちなみにステータスはこの通り。
e0159225_2337465.jpg


動画はこちらに
[PR]
by kisisyoubai | 2009-07-05 23:53 | 騎士団の話

 今回は対騎士団装備を変更したので、紹介したいと思います。

e0159225_22174311.jpg


 この前の武具雑感 第19話で触れたQPRとSBPのセットを導入しました。
 カードはククレCかスノウアーCと考えてましたが、ククレCを差すのは勿体ないと
思える性能ですし、スノウアーCを2枚導入するは時間がかかるので、予算的には
中間のヨーヨーCにしました。
 このセットは両手剣で壁役をする時にも使えるので、汎用性が高く、導入しても
損が無いという考えもあります。

 ただ、この場合レイド差しウルフヘジンでは、Fleeを確保出来ないため+9
ハイレベルマントを使うことになります。勿論対深淵では持ち替えですが。
 あと、ヴェスパーコア3と比べると、Agiは減ってしまいます。+9ハイレベル
マントで+2出来るので、実際は−2で済みますが。

 前の装備と比べると上記のような弱みがありますが、それを補う強みも複数あり
ます。

★ローレベルVシューズでSP900台
 ローレベルVシューズはHP、SPをバランス良く強化してくれるのですが、SPは
800台に留まります。そこにQPRとSBPのセット効果によるSP増加を加えると
ぎりぎり900台に乗ります。
 SP回復量も14となり、SP管理がかなり楽になります。

★DEF強化
 実はヴェスパーコア3もDEF+1があって、アクセでDEF+2稼いでいました。

 対するQPRとSBPのセットの場合は、表示DEFこそ1しか増えませんが、セット
効果とSBPの効果で、無属性耐性+3%、不死、悪魔MOBからのダメージ−2%、
人間MOBからのダメージ−1%の耐性が発生します。
 耐性なので、囲まれても効果は変わらず、総合ではDEF強化といっていいと思い
ます。

★完全回避強化
 ヨーヨーC×2ということで、完全回避が11になっています。しかし95%
回避を達成してるのに意味があるのか?と問われると返事に窮します。

 ただAgi両手騎士の皆さんなら、95%回避といっても、被弾が5%とは思え
ない気持ちを分かっていただけると思うのですが。
 それを95%回避に近づける装備として、意味があると考えますが、どうで
しょう?

 当然ながら、95%回避出来ない対深淵、血騎士戦、そしてMHの場面では
威力を発揮してくれると期待しています。


 この新装備、こちらで挙げた装備の優先すべき条件で分析すると、

SP>DEF、最大HP>スタン耐性=対鎧、武器破壊>レイド差し外套>攻撃力

 ということに。
 SPの強化は言うまでもありませんが、優先順位の低かったDEF、最大HPが強化
され、上位にランクされました。
 そのかわりレイド差し外套は常時使用でなくなり、攻撃力もAgiの低下で僅かに
下がっています。

 しかし、SPの強化によるスキルの多用とハイレベルマント、レイド差し外套の
持ち替えによって、これらをカバーする事は十分可能と判断しました。


 さて理論は書いてみましたが、実際は狩りをして見ないと判断出来ません。
 当然ながら、騎士団2ソロに赴くことになります。

いざ、騎士団2へ
[PR]
by kisisyoubai | 2009-06-18 00:46 | 騎士団の話
←menuへ