武具雑感 第16話 肩にかける物カード 


 先日、ライダーバッチに差す為の「肩にかける物」カードをいろいろ調べました
が、思ったより選択肢が広がっていたので、紹介したいと思います。

 個人的なピックアップですが、Agi騎士で使えそうなカードには三つの系統がある
ように思います。

★Flee上昇系
 Agi騎士の防御力は、95%回避を達成するか否かで大きく変わってきます。
したがって、「肩にかける物」にまず求めるのは、Flee上昇です。
 ある意味一番縁のあるカードと言えるでしょう。

★無属性攻撃耐性系
 Vit騎士のように全被弾が前提の場合、無属性・・・すなわち通常攻撃を軽減する
ことを「肩にかける物」に求めます。

 ではAgi騎士には、必要ないか?となりますが、そんな事はありません。特にLK
なら「肩にかける物」以外でも優秀なFlee上昇装備があり、「肩にかける物」を
除いても95%回避を達成出来る事も多くなります。
 そのような時には、無属性攻撃を軽減出来る「肩にかける物」を装備すれば、被弾
してもダメージを減らせ、更なる安定性を得る事が出来ます。

 そうでなくても、MH時には被弾が増えますから、Flee上昇系から無属性攻撃耐性系
「肩にかける物」に持ち替える事によって、ダメージを減らすことが生存率向上の為
に必要な事でしょう。

 つまりAgi騎士の場合でも、Flee上昇の次になりますが必要なカードと言えます。

★特殊系
 はっきり言って、必要ではない装備ですが、いろいろな特殊な能力が局地的に役に
立つ可能性があるので、状況によっては導入を検討してもいいカードと言えます。


 ではどういうカードがあるか、それぞれの系統を見てみましょう。






★Flee上昇系

 ウィスパーC     Flee+20、念属性攻撃+50%追加ダメージを受ける

 カヴァク=イカルスC Flee+10、精錬値4以下のとき、追加でFlee+10
            完全回避+1

 九尾狐C       Agi+2、精錬値が9以上の時、Flee+20

 巨大ウィスパーC   Flee+10
            Str80以上、Atk+20
            Vit80以上、MaxHP+3%
            Luk80以上、Cri+3

 チョコC       Flee+10、完全回避+5

 まず、ウィスパーCが基本である事は間違いありません。ディメリットはあります
が、GD3がソロ向けではなくなった事を考えると、大きな問題では無くなりました。

 ウィスパーCの上位カードとして、九尾狐Cとカヴァク=イカルスCが登場して
ます。ただし、それぞれ精錬値の制限があります。

 カヴァク=イカルスCは+4までということで使い易いですが、ウィスパーCと
比べての追加効果は完全回避+1と微妙です。うちの鯖では、20〜18Mという
高値でコストパフォーマンスも悪く、難しいところ。
 完全回避が欲しいなら、チョコCをスキンオブベントスに差す事を検討した方が、
コスト的にも良さそうです。

 九尾狐Cは高性能ですが、+9以上の精錬が必要と高級肩装備の場合はほぼ不可能
な条件です。
 必然的に旧装備の完成品を狙うことになりますが、+9ハイレベルマントなら高い
DEFを持っており、今でも現役装備ではないでしょうか?

 巨大ウィスパーCはFlee上昇系というよりも、ステによる追加効果が使えるかが、
導入の条件になるでしょう。Agi騎士場合はStr80以上が一番狙い易いでしょうが、
条件に当てはまるなら、なかなか強力です。
 ただかなりの高級カードなので、差す場合はスキンオブベントス以上の高級肩装備
がいいと思います。したがって、かなりの資産が必要かと。

★無属性攻撃耐性系

 オークベビーC 無属性攻撃耐性10%、Flee+10
         精錬値が9以上の時、追加で、Flee+5、無属性攻撃耐性+5%
        
 ノクシャスC  無属性攻撃耐性10%、遠距離攻撃耐性10%

 レイドリックC 無属性攻撃耐性20%

 オークベビーCは、本来ならFlee上昇系に入れる所ですが、貴重な無属性攻撃耐性
を持ってるので、こちらに分類。
 九尾狐Cは事実上+9以上に差さないと意味が無いですが、オークベビーCは能力
が高いので、+9以下の装備に差す手も十分考えられます。
 その場合は元々Flee+10の装備に差すと、ウィスパーCの能力に、無属性攻撃
耐性10%がプラスされるという強力な装備が誕生します。
 もちろん+9装備があれば、これも強力です。

 ノクシャスCは、使い道が難しそうなカードです。単なる遠距離攻撃なら、
レイドリックCと同じですから・・・役に立つ狩り場が、魔法が常時飛んで来る
ような狩り場・・・僕が思いつくのは生体3くらいで、あとはPvP、GvGくらい
なのでしょうか?

 レイドリックCは、このジャンルのカードが手薄なため、今だ一番有用なカードと
言えます。まずは、これを装備した「肩にかける物」を導入するといいでしょう。

★特殊系

 チュンイーC    Luk−5、精錬値が高くなるほどLuk、Criが1づつ上昇

 バフォメットJr.C  Agi+3、Cri+1

 マグマリンC    Atk+5、地属性モンスターに物理ダメージ 10% 追加
           動物形、植物形モンスターにCRI+15

 ローウィンC    FLEE+5、完全回避+3、水属性モンスターに物理ダメージ
            10% 追加、魚貝形モンスターに CRI+15

 例えば、セット装備の一角だったり、いろいろ考え方はあると思いますが、以上の
カードを上げてみました。

 チュンイーCは高精錬装備に刺せば、村正騎士には良さそうですが、ここでは
別の使い方を。
 Lukを0に調整すれば、呪われなくなるので、専用ステータスにしなくても、
村正を使えます。もちろん装備は精錬出来ませんし、Luk0でどのくらい
クリティカルを出せるか難しいですが、検討の余地はあります。

 バフォメットJr.Cは、ライダーバッチに刺した物を導入しましたが、Aspd追求用
装備です。まだAspd190は体験した事はありませんが、少しづつ190に
近づいていくと、攻撃スピードが心地よく、魅入られるのもよく分かります。

 マグマリンC、ローウィンCは、特定MOBに対して強力な効果を発揮しそうな
局地戦用カードです。こういうカードは高精錬の旧装備に刺して使うのが、
コスト的にもよさそう。
 条件に合うなら、あまりコストを掛けない方針で、導入を検討してみていいかと。


 昔と比べると、肩にかける物カードの種類は豊富になって来ています。
 未だ、ウィスパーCとレイドリックCの有用さは健在ですが、本当に必要な能力を
考えると、他のカードを導入する事もあり得ると思います。

 このカードじゃ無いとダメと、決めつける事無く広い視野でカードを選びたい
ですね。


 
[PR]
by kisisyoubai | 2009-03-13 01:14 | 武具雑感
←menuへ