武具雑感 第13話 ウルフヘジン 

★名前 +7イミューンウルフヘジン
★種類 防具(肩にかける物)
★効果 物理攻撃を受けた時、一定確率で2秒間受ける全ての物理ダメージが
    20% 減少し、2秒間 MDEFが20% 減少する。
    無属性攻撃20%減少
★時価 7M

e0159225_1182530.jpg


 今回は予告した通り、+7イミューンウルフヘジンについて、考察したいと思う。

 まずはウルフヘジンについてのメモ。

★DEFはマントに比べ−1。
★効果は被弾しない限り発動しない。そのためFLEE向上系カードとの相性は悪く、
 差すカードは、ぼほレイドリックC一択。
★効果にはディメリットがあるが、元々狩り場装備でMDEFは無いに等しく、
 そこから20% 減少しても、ほとんど影響ない。従ってディメリットは
 無視出来る。

 今回の考察のメインは、ウルフヘジンの効果の発動頻度となる。
 わざわざウルフヘジンよりDEFの高い+7イミューンマントから乗り換える以上、
ある程度発動確率が高くないと、乗り換える意味が無い。

 メインの狩り場であった旧GD3と騎士団2のソロでの使用感だが、30分で
4〜5回くらい発動している。少ないように感じるが、これらの狩り場は主要MOB
に対して95%回避を達成しているので、被弾回数自体が少ない。
 そんな状況である程度の発動が見込めるというのは、それなりに高い発動確率
と思われる。

 そしてMH遭遇時には高確率で発動した。2秒経たないうちに再発動するときも
しばしば見られた。
 そんなときはこちらに余裕が無いので、ダメージが減っているかの確認、SSの
撮影などは出来ないが、確かにいつもよりも粘れてる気がする。
 ただパリィを使った場合は、かなりの攻撃をはじいてしまうため、なかなか
発動しなくなる。

 SSを取る余裕が無いため動画を撮ったが、ちょうど効果発動前のダメージ、
効果発動、発動後ダメージが入った動画が撮れたので、紹介したい。









★メモ
 発動前ダメージ315、329(デビルチ)

 発動時には、unknown skill !!、キャラにネクロマンサーのストーンスキンと
 同じグラフィック発生、会話欄にはスキル使用失敗と出る。

 発動後ダメージ237(デビルチ)20%前後のダメージカットとなっており、
 効果はちゃんと発動してる事が分かる。


 両手AgiLKでの使用感を箇条書きにすると・・・

★ウルフヘジンの効果は1対1でたまたま発動しても、2秒の間に再びダメージを
 受ける可能性は低いため、意味が薄い。
★ウルフヘジンの真価はMH遭遇時にある。このときは大量に被弾するため、高確率
 の発動を見込める。発動さえすれば、たとえ2秒間でもダメージを20%カットは
 大きい。

 以上を踏まえての結論は、
 +7イミューンウルフヘジンは、MHに対して+7イミューンマントより耐性が
あると考えられ、導入する価値は十分あると思われる。
 もちろん必ず発動する訳ではないが、保険を掛けるつもりで出費する金額としては
妥当ではないだろうか。
[PR]
by kisisyoubai | 2009-02-26 02:31 | 武具雑感
←menuへ