武具雑感 第8話 Agi両手騎士の魂 +9ハイレベルマント 

 今回紹介する装備は、騎士にとって一番特徴が出る装備だと思います。
(1/14 文章がまとまっていなかったので、後半部分を加筆、修正)

e0159225_23415560.jpg

★名前 +9ハイレベルマント
★種類 肩にかける物
★効果 Agi+2、FLEE+20
★時価 +9ハイレベルフード +65M
★購入 07/04/07

 いきなり質問ですが、騎士を育てる場合、まず目標とされるカード差装備は
何だと思われるでしょうか?
 ただし、今みたいに旧装備が安くて手に入らない時代の話です。

 ファーストキャラの場合、資金を有効に使わないと狩りが苦しくなり、
最悪の場合には挫折する事もあり得ます。
 低レベル時代の貧乏な時代の時ほど、騎士としての商売感覚が必要とされる
のです。

 さてそれでは、どんな装備を優先して手に入れるべきでしょうか?

 まず武器、MOBを倒さない事には資金を稼げませんから、正しい選択と思います。
ただし、武器にお金をかけすぎて、防具がおろそかになると、回復剤の消耗が馬鹿に
なりません。
 従って、カード差の高級品を目指すのは間違いで、はじめは安価な属性武器を
手に入れ、属性が有効な狩り場に行くのが、一番コストパフォーマンスに優れます。

 ということで、武器は安く済ませて、防具に資金を投入するべきということに。
 ただ防具と言っても、いろいろあり、有効な物を選ばなければなりません。

 一番効果が高そうな防具は鎧と思うところで、間違いとは言えませんが、しばらく
はカード差し鎧は必要ではありません。安いS付き鎧に安いピッキCを差した物を使う
手もありますが、一番楽なのは店売りプレートを+4まで精錬して使う手です。
 これでしばらく大丈夫ですから、他に資金をまわすべきでしょう。

 そこで今回のテーマの肩にかける物が登場します。
 騎士の防御ステは、VitとAgiの二つに大別されますが、肩にかける物に刺すカード
には、それぞれに非常に有効なカードが存在するからです。

 VitにはレイドリックC(無属性攻撃20%減)AgiにはウィスパーC
(FLEE+20)です。どちらもそれぞれの防御ステに非常にマッチしており、
最終装備と言ってもいい一品です。
 それゆえに、それぞれの騎士がまず目標にすべきは、自分のステに合うカード差
装備を手に入れる事と言われていたのです。

 前置きが長くなってしまいましたが、ようは肩にかける物装備は、自分のステを
決定してしまうほどの重要装備だということ。
 今みたいに装備が豊富ではなかったので、その重要度は今より遥かに高いことは
ご理解ください。


 



 僕の場合は、まず肩にかける物は、ミストC差フードでした。FLEE+5という僅か
な効果ですが、ファーストキャラなのでしばらくは我慢でした。その後はコンドルC
差フード(FLEE+10)に僅かにレベルアップ。
 今にして思えば、資金を集中して、先にウィスパーC差装備を買えば良かったの
ですが、その頃は装備全体をレベルアップしなければと考えていたので、資金を分散
させてしまったのです。
 ということで、+4ウィスパーC差しマントが手に入ったのは、だいたいレベル
72の頃でした。これでようやくAgi騎士の仲間入りが出来たような気分で、嬉し
かったのを覚えています。
 その後は+5モッキングマントに替えた程度で発光まで行きましたが、その頃に
新たなる肩にかける物カードが登場しました。

 それこそ、九尾狐カード・・・すなわちハイレベル装備の一角だったのです。

 ハイレベル〜の名前のつく装備のうち、欲しいと思ったのは、兜、靴、
肩にかける物の3種類でした。
 先に紹介したとおり、まず+9ハイレベルハットは転生する前に手に入れ、その後
に貯まった資金で、+9ハイレベルシューズを手に入れました。そして一番最後に
+9ハイレベルフードを手に入れたのです。

 ただこの順番は、そのまま期待度の裏返しでした。3種類のハイレベル装備の
中では、肩にかける物が一番効果が薄いと思っていたのです。
 実際ウィスパーC差と比べると、Agi+2と念属性攻撃50%増加が無くなる位
しか違いがありません。
 GD3に通っている僕にとっては、念属性攻撃50%増加が消えるのは大きな利点
でしたが、正直後回しにせざるを得ませんでした。

 何はともあれ、ハイレベル装備が3種類揃い、目標は達成したと思いました。
しかし、ここで問題が見えて来たのです。
 それは防御力が弱いという事。+9装備とは言っても、元の防御力は低いもの
ばかりでしたから、当然と言えば当然でした。
 これを改善しようと思えば、より防御力の高い+9装備に買い替えるしかないよう
でした。資金は限られるので、買い替えはいずれか一種類。じっくり検討しました。

 その結果が+9ハイレベルマント導入だったのです。多少の使い回しは出来ますが
実質騎士専用として使う決断でした。防御力はフードと比べて+3となり、他の買い
替えよりも、効果は高いという考えです。

 投入資金は+9ハイレベルフードに65Mを追加して、+9ハイレベルマントと
交換するという、コストパフォーマンス的には最悪に近い物でした。
 しかし、この頃には、ほぼ完成したステータスにはAgi+2は貴重なボーナス、
+9マントの精錬自体がAgi両手騎士の防御力向上の一翼を担うと、高く評価する
ようになっていたので、惜しいとは思いませんでした。

 いろんな狩り場に行き、僅かの差が大きな違いになることを経験して、やっと
九尾狐C差し装備の素晴らしさに気付く事が出来たのは、Agi両手騎士として一回り
大きくなったからだと思っています。

 最近はいろいろFLEE上昇装備がありますが、僕にとっては、今までもこれからも
+9ハイレベルマントはAgi両手騎士の魂だと思っています。
 FLEEのみに偏らず、防御も強いという、Agi両手騎士の理想を体現しているから
です。

 Agi両手騎士は避けるのが基本であり、ともすればFLEEばかり追い求めがちです
が、あまりに防御をおろそかにすると安定性を欠くことになってしまいます。

 FLEEと防御は、バランス良く追求しないといけません。
 そのバランス感覚は人それぞれですが、僕の理想は+9ハイレベルマントなの
です。

 高レベルのFLEEに、中の上の防御を兼ね備える・・・そんなAgi両手騎士を
目指して行きたいと思います。
[PR]
by kisisyoubai | 2009-01-12 02:33 | 武具雑感
←menuへ