武具雑感 第28話 バイオレットフィアーを深く考察


 武具雑感をお送りしますが、今回もまたもやバイオレットフィアーについてです。
またかと言われてしまうのを承知の上で書かせてもらいます。
 一応これで一区切りにしたいと思いますので、お許しください。

8/23追記 オートスペル、ダメージのばらつきについて加筆、訂正

 あと私事ですが、サクライJのテスターに当選しました。
 Agi両手が絶滅の危機あるという噂がありますが、その辺を確かめたいですね。

 こちらのブログの方でも、分かった事をお伝え出来ればと思います。


e0159225_2128532.jpg


 何度も掲載してますが、バイオレットフィアーの性能について、深く考察して
みます。考察は一番馴染みの騎士団ソロで。
 ちなみに現在はこちらで紹介した装備のうち、一番目の動画の装備を
Wウアークイールセットに入れ替えたバージョンで戦っています。


★防御力無視
 こちらでの計算では、Aspd186台プロボなしで、レイドリックを叩くと
平均 19回攻撃、5.24秒かかると出ました。
 実際に使用して、防御無視が発動しない事はほとんどなかったので、低く
見積もっても5%は発動するということ。実際にはもっと早く防御無視が出る
ので、これよりも高確率と思われます。(一説によると10%?)

 密かに大きい効果は、防御無視が5秒間続くということ。
 始めから防御無視が発動していた場合のレイドリック処理に掛かる時間は、
平均 13回攻撃、3.58秒とかなり早くなります。

 ちょっと状況を計算すると、10回叩いて防御無視が発動するとして、かかる
時間が2.75秒。防御無視が発動してから倒すまで、6回攻撃1.65秒
 防御無視残り時間が3.35秒ということで、レイド2体目をほぼ
削り切れるという計算が成り立ち、これは現実の戦闘でも実感出来ます。

 これは通常攻撃のときですが、最も効果があるのはBBを連打するときです。

 深淵戦、コンセ5、プロボなしでBB連打した時、通常では平均 12回攻撃、
8.29秒
掛かりますが、実際には深淵+カリツ2体に対し、BBを3回打って、
(2hit×3体)×3回=18hit稼げば、高確率で防御無視を発動させる
ことが可能です。
 防御無視が発動したあと、必要なBB回数は平均 4.03回、2.76秒と微妙に
4回に収まりませんが、今まで8回BBを打っていたのが、ほぼ7回で収まるという、
実際の戦闘での経験と一致します。

 8回BBを打つというのも、深淵にプロボ8を掛けた場合なので、プロボ要らずで
BBの回数が1回減るというのは、SPを33節約出来るだけでなく、深淵の高い
攻撃力をプロボで更に上げなくて済むという、防御面で多大な効果があります。


★オートスペル
 とにかく良く発動するオートスペルのメテオストームLv.3、フロストノヴァLv.5
ですが、通常のAgi両手LKの場合は、威力は無視してスタン、凍結の発生する特殊
効果と捉えるのが良さそうです。
 僕は騎士以外のスキルは全然知りませんので、おさらいしてみます。

★メテオストームLv.3 属性「火」
 指定した位置を中心に「7×7」セルの範囲内に隕石がランダム落下、隕石が落下
した位置から「7×7」セルの範囲がダメージの有効範囲になる。詠唱時間は15秒
 Lv.3 隕石落下数3個 隕石1個のヒット数2回 スタン率9%

 ここまでダメージ範囲が大きくぶれるとは思っていませんでした。最大14セル
までの敵を巻き込む可能性があります。実際はそこまで範囲が広がるのは稀ですが。
 スタン率は正直微妙な所ですが、Lv.3で隕石1個のヒット数が2回になるのが
大きく、それなりに発生します。スタンは攻撃しても効果が解けないので、発生
すれば嬉しいですね。
 ASなので詠唱時間は関係ありませんが、最大の問題は、隕石が3個落ちる間の
ディレイが長いという事にあります。

★フロストノヴァLv.5 属性「水」
 術者を中心に「5×5」セルの範囲内の敵にダメージを与え、凍結させる。
詠唱時間は術者のDexの影響を受け、スキルレベルが高くなるほど短縮される。
なお不死形モンスターやボスモンスターは凍結しない。
 Lv.5 Matk100% 凍結率58% 凍結時間7.5秒

 こちらの方は、範囲が分かり易く、詠唱時間もASで関係なく、ディレイも
もそれほど気にならないので、付き合いやすいオートスペルです。
 凍結率が結構高く、かなり期待出来ます。スタンと違い1度叩くと解除される
のが残念ですが。


 特殊効果については、以上の通りです。
 それでは、実際に活用するにあたり、注意する点をまとめたいと思います。




 防御無視は意識しなくても、ある程度のAspdがあれば、通常攻撃でも発生して
くれます。
 問題は発生したあとの立ち回りで、5秒間を生かし、素早い立ち回りが要求
されます。通常攻撃で2体目を倒すのもいいですし、数体MobがいるならBBを
打てば、高威力を味わえます。

 MHに対する場合は、数が多ければ多いほど、1回のBBで防御無視が発生する
可能性が高く、発生後のBB数発でMHを一掃する事が出来るでしょう。

 ただMHに対する場合は、どうしてもDefの低下が激しく、さらにBB詠唱中の
装備DEFが通常時の2/3になることと合わせて、HPが満タンでもあっという間に
真っ赤になってしまいます。
 これで実際にナムすることがありましたので、Wウアーを投入することに
したのでした。勿論防具のDEFも高い事に超した事はありません。

 もちろんMobの数を調整することで回避する手も有力ですので、装備との相談
になるでしょう。


 オートスペルに対する対応は、フロストノヴァの場合はそれほど気にする
必要はありません。凍結したMobに対して放置する選択肢を残す為に、Ctrl+
クリックを使わず、クリックのみの攻撃を心掛けるくらいでしょうか。

 メテオストームの場合は、ディレイがどうしても気になります。スキル、
回復剤を使えない事でナムに直結することも・・・
 ただ移動することは可能なので、メテオストームの範囲外に出れば、スキル等
使えるようになります。単に詠唱時間が過ぎたのでスキルが使える可能性もある
ので、どちらが正しいかはハッキリしませんが。

 とにかく移動してスキルを使う時間を稼ぐのが有効なので、Ctrl+クリックを
使わず、クリックのみの攻撃を心掛けるのが肝要です。

 2つのASに共通するのは、BB、バッシュでは発動しないという事です。

 ですから、深淵に対してBB連打する場合は、ASを気にする必要はありません。
MOBに対してもSPが許す限り、一撃目はBB、バッシュ等で叩くのは、通常攻撃の
時間を減らし、結果的にASが出る可能性を低くすると言う点で有効です。


 あとステータスの面ですが、Dex60の場合でも、レベル4武器の宿命で
ダメージのばらつきが見られるのですが、防御無視時の場合は更にばらついて、
最大、最小の差が230にもなります。
 コンセに頼って、Dexが低い場合は使いこなせない可能性があるでしょう。


 狩り場としては、ボス属性のMobが少なく、Defの高いMobがメインに向いて
います。あるいはプロボが利かない不死属性でDefが高いMobがメインな所も
いいでしょう。
 騎士団が条件に当てはまるのは、僕にとっては幸運でした。


 確かに癖がある武器なのですが、克服する事は可能です。
 両手剣最強である事は揺るがないので、機会があればぜひ使ってみて下さい。
[PR]
by kisisyoubai | 2009-08-22 01:45 | 武具雑感
←menuへ